ばらうる。

全米が泣いた、薔薇色うるち日記(´ー`)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FFXIVベリアス鯖 光のお父さん3話の感想とか!

WS13080a.jpg

どうも米です。
2週間くらい前からでしょうか、ウルダハにいると、二人で街を練り歩くミコ♀とララ♂の若葉コンビによく出くわします。いやそれだけなら別にいいんですが、何か僕、よく絡まれるんですよw

絡まれるといっても会話するでもなくエモするでもなく、なんか近くにきてお互いまじまじ見つめ合ってしばらくして僕がぷいっと後ろを向くと二人して離れていってしまうという謎のやり取りを何度か繰り返していたのですが、先日ついにミコ♀さんが言葉を発されて

「なんとなく」

「似てる」



いやいや誰にだよ!w それだけ言ってまた歩いて去っていったし!ブロント語録「変な空間になったので俺はミステリーを残す為勝ちの画面になったと同時に家に帰ったが多分不良界で伝説になってる」くらいのインパクトなんですけど!

去り際のエリチェン間際、ララ♂さんからも初エモもらったのでお返ししましたが、なんとまあ奇妙な間柄の知り合いが出来たようです。自由奔放な奥さんミコとそれを見守る旦那ララ、そう思うことにします。





WS13218a.jpg

そして先日は、旦那ララが1人でいたところを捕まえようとしたのですがあと一歩のところで逃がしてしまいました。不滅隊への入隊アチーブも僕のログに残っていたほど奇妙な縁があるので、また近いうち会うことでしょう。





※以下、ドラマ光のお父さん3話の内容を含みます。





さて光のお父さん3話の感想!全体としては、まぁまぁさいこーでした!
最高にまぁまぁとかあるんか!







「辞めたかったら、辞めろ」

僕は、辞めたかったら、辞めていいと思います。ただしそれは全ての物事に対してではなく、自分の人生・生き方において本当に大事なことだと考えるならば、辞めるべきではないと思います。





「にゃんにゃんぷ~」


かわいい










「大丈夫です」
「あきらめなければ」
「必ず勝てますから」


特にFF14のエンドコンテンツは、それを教えてくれますね。
繰り返し繰り返しやってクリアする、ゲーマーとしては普通ですが、それが8人PTとなると一筋縄では行かないんですよね。それを乗り越えた時っていうのはソロプレイゲームのクリアとは全く違った快感が得られると思います。






「今では、あの頃と逆だね、父さん」

逆じゃ、なかったですねw





「こんばんは、いい夜ですね」

なぜか「月が綺麗ですね」と一瞬勘違いして色々逡巡していました(ヽ´ω`)





「なんだよあの接待」

飲み会は仕事だからね、ちゃんと仕事しないとね光生くん(ヽ´ω`)






「人と人との触れ合い?そういうの無いと」

宮西さん典型的な悪役かと思ってたら、文言自体はめちゃくちゃいいこと言ってるパターンw
てか前回の予告で光生くんは会社辞めるのかと思ってたけど、勘違いだったね!





「いっそこの世界で暮らせたら・・・」

マイディーさん!本音出てる本音!





「あーもう父さんそうじゃないって」

ギスギスしてきた(´・ω・`)
光生くんがギスギスするなか、お父さんは・・・








「辞めるのはいつでもできます」

「でも、そういう時に頑張ることが」

「大切だと思うんです」


回想ののち、ふと空を見上げるお父さん。お父さんもあの頃を思い出してチャットを打っていたんでしょうか。そしてお父さんは右を向き、光生くんは左を見ている構図……すれ違っていた親子がお互いのほうを向きあってまた会話している姿、ぐっときますね。










人生にゲームオーバーはありません。諦めないかぎり。
僕は、辞めたかったら、辞めていいと思います。
僕は仕事がほぼ人生そのものだと考えています。一般的な社会人は自分の1日の大半を仕事をして過ごし、それを約40年~人によっては死ぬまで続けなくてはならないのが仕事ですから、まさに自分の時間の大半を捧げる仕事は人生そのものだと思っています。だから、仕事を諦めず頑張るというのは人生を諦めないのと同じじゃないでしょうか。
かと言って世の中人を人として扱わないブラックな会社も多いです。そこで諦めるな続けろっていうのはまた違うと僕は思います。人未満の扱いを受け続けろ、人として生きるのは諦めて死ね、って言ってるようなもんです。だから僕は、辞めたかったら辞めていい、だけど人生を諦めるな、生きろ、と言いたいです。納得のいく仕事が、納得のいく人生になるまで、ゲームオーバーはありません、諦めないかぎり、と。

ま、シビアな話なので僕自身うまく伝えられてるか分かりませんね、誤解を受けてたら申し訳ないです。簡単に言えば、ゲームで例えるなら紛うことなきクソゲーはすぐ辞めてもいいけど自分のハマってるゲームはどんな障害があったとしても簡単に諦めないほうがいいってことでしょうか!でもクリエイターならクソゲーやって見えてくるものもあるのかなw





「ねえ、来年これ行かない?」
「……行けたらな……」


来年まで生きてるか分からないということでしょうか……だから社長候補になってた会社も辞めたということかな。1話でお母さんにも何も言わず退職したってことはつまり病気のことも伝えていないみたいですね。





「そうやな……簡単に諦めたら、あかんな」

1人で闘病するつもりなんでしょうか。家族にも何の相談もなく・・。





マイディーさんのブログにあるとおり、4話は息抜き回になりそうですね。
予告編からしても、ギャグ中心なのかな?w
それでは良いエオルゼアライフを!|д゚)ノシ


| FFXIV新生エオルゼア | | comments:0 | trackbacks:0 |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uruchi.blog51.fc2.com/tb.php/827-0bc4c3a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT